読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gemme du parfum

宝石のようにしづかに輝く、香りのおはなし。

香水とは…女の領域を広げるためのもの

本日は読書デイ。

「フランス香水の旅〜香りを創る男たち」NHKクリエイティブ松井孝司著 を読む。

f:id:ablx:20161214120023j:plain

 

香水とはーーー女の領域を広げるためのものだ、と言った人がいる。

香水をつけた女性は、その場を立ち去ってもまだ彼女の雰囲気を残している。

人々はその”雰囲気を嗅ぐ”。

その時に感じる感覚は、たんに生理的な嗅覚ではない。
極めて高度な、人間の感覚なのだ。

(「フランス香水の旅」松井孝司著 より)

 

ご近所のドイツパン屋さんリンデは、おばあちゃんのたまり場と化していて、なんだか楽しい。