読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gemme du parfum

宝石のようにしづかに輝く、香りのおはなし。

花の無い果実?花を持つ果実?②

さて、前回のブログでご紹介した通り、果実の中に花を持つという

かなり変わった無花果ですが、香りもなかなかユニーク!

 

無花果には、γ-Octalactoneという乳脂肪系の香りがする芳香化合物が実は潜んでいます。

フルーツなのに、ほんのりミルクっぽいクリーミーさがあるのはこれが理由!

アーモンドやココナッツミルクにも共通するような味、香りがするのです。

 

このほっとするクリーミーな果実の香りをいつも纏っていたいという方には、ラルチザンパフュームの「プルミエフィグエ」がおすすめです。

f:id:ablx:20160916144245j:plain

まさに”青い”イチジクのほんのりクリーミーな香りが主役。

ラストはアーモンドミルクやココナッツミルク、サンダルウッドが円やかに香る甘美な印象です。

 

トップノートにはガルバナムという草いきれのような渋いグリーンや、ラストにはサンダルウッドなどのウッディも潜んでおり、けっして甘いだけの果実ではありません。

甘いバカンスのような表情から一転、ぐっと品のある雰囲気に移り変わるイチジクは大人にこそ試していただきたい香水です。