読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gemme du parfum

宝石のようにしづかに輝く、香りのおはなし。

タンゴのような「闇を讃える」香り

12/11はタンゴの日!


せっかくなのでタンゴの日を記念して、私の一番好きなタンゴの曲とそのイメージにピッタリな香水を紹介します!

 

まずは楽曲から。
バンドネオン奏者でもあるAstor Piazzola作曲の「Oblivion」。


”忘却”という意味のこの曲。静寂の中に秘められた哀しみや熱…
聴くたびに忘れかけていた、また心の奥底に閉じ込めていた記憶が、しんしんと降る雪のように蘇る気がします。

この映像のDavid&Kimの幻想的な靄の中を踊っているような雰囲気も大好きです。
ぜひタンゴってどんなダンス?とよく知らない方にも、この美しい映像をみていただけたらなぁと思います^^

 

 
 

さて、次はその曲「Oblivion」から、私が個人的に想起する香りをご紹介。
アルゼンチン発のフレグランスブランドFUEGUIA1833の「エロヒオ・デ・ラ・ソンブラ/Elogio de la Sombra」。

 

アヤメの萼片が開く…それはほんの一瞬、秘密が明かされる時間。

暗い暗い闇の中でしか育たないアイリスを主役に創作されたというこの作品。アルゼンチンの詩人ボルヘスの「闇を讃えて」という詩集からインスパイアされた香りだとか。

 

まさに花ではなく根っこ、光の当たらない闇の中でその「美しい香り」を育むアイリス(アヤメ)の根が主役というのがキー。

香りは、トップではベルガモットや黄色い花ミモザの可憐な印象からスタートしますが、じわじわとその闇に吸い込まれていくように儚く静かなグレー〜モーヴ色を想起させるような、霞のようなミステリアスな印象に変わってゆきます。

 

このFUEGUIA1833というブランドには実はタンゴをモチーフにした香りが3つあるのですが、それはどれも濃厚・華やか系で、よほどこの暗〜く存在感のあるこちらの香りの方がタンゴらしい静かなる官能を感じてしまうのは私だけでしょうか…。

(Photo From:http://www.youstockholm.com/2015/02/fueguia-1833/

 

●タンゴの日とは?
1890年にアルゼンチンの国民的英雄であるタンゴ歌手カルロス・ガルデルが、その9年後にはフリオ・デ・カロというタンゴの偉大なアーティストが生まれた12月11日のを記念し【タンゴの日】となったそう。
元はブエノスアイレスのみでの記念日でしたが、2005年にアルゼンチン国会で認められ、全国規模で実施されることとなったそう。

f:id:ablx:20161214115436j:plain