読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gemme du parfum

宝石のようにしづかに輝く、香りのおはなし。

「青の香り」ワークショップ後記

みなさま!

先日はワークショップご参加ありがとうございました。

せっかくなので、当日の模様をシェアいたしますね。

 

f:id:ablx:20150428131902j:plain

写真ではわかりづらいかもしれませんが、それぞれがブルーを取り入れたお召し物でお越しいただきました。

ブルーグレー、濃紺、ターコイズブルー

「青」といっても様々なトーンやイメージがあるなあと改めて、「色」って面白いなあと感じ入っておりました私です。

 

はじめに「青」についてのお話を。

香りに関連するものの中で特筆すべきは「青い薔薇」の花言葉です。

皆様ご存知でしょうか…

 

以前まで薔薇には青色系色素が存在しないため、交配しても、どんなに頑張ってもつくれない=花言葉は「不可能」「あり得ない」でした。

 

しかし数年前にサントリーが開発に成功したブルーローズ“アプローズ”。

日本語にすると“喝采”。

 

この方々から喝采を浴び“アプローズ”が誕生してから、

青い薔薇の花言葉は「夢、叶う」へ変わったのです。

 

www.suntory.co.jp

素晴らしい出来事です。

青は、「空」や「海」のようにいつも目の前にあるようで実は簡単には触れられない…

そんな不可侵なイメージを持つ色でもありますね。

 

f:id:ablx:20150428132324j:plain

完成した香りは、ブルーのボトルに入れてお持ち帰りいただきました。

 

材料は、イエロー〜グリーン〜ブルー〜パープルのスペクトルにあたる香りを用意いたしました。

最初レモン(イエロー)やマスカット(グリーン)などを嗅いで、?と思った方もいたようですが、バランスよく混ぜると丁度青に辿り着き、本当に青いイメージになった、面白い!と言っていただけ、狙い通りの仕上がりになって私もひと安心でした 笑

 

f:id:ablx:20150428131612j:plain

 

写真はアトリエの孔雀とブルーボトル。(photo by @retro_chen)

 

f:id:ablx:20150428131550j:plain

お部屋に青の一角をつくっていらっしゃる、愛知県からご参加くださった「レトロな緑」さんのお写真を拝借。すっかり馴染んでいますね…*(photo by @retro_chen)

 

「レトロな緑」さんのブログでも当日の模様を素敵にご紹介くださっているので、ワークショップ内容や様々なアートにご興味ある方はぜひご一読を…!

appako.exblog.jp

 

また、少し先になりますが、8月にグループ展を主催いたします。

「装飾品×音楽×香り」の新しい世界を表現いたします。

DMご希望の方は、ablx.info@gmail.comまで

①郵便番号/ご住所

②氏名

をお知らせいただけましたら、出来上がり次第お送りさせていただきます。

 

乞うご期待…**