読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gemme du parfum

宝石のようにしづかに輝く、香りのおはなし。

色鮮やかなモロッコ①Blue

私が死ぬまでに行ってみたい場所のひとつ、モロッコのシャウエン。

ご存知ですか?青の街。

北アフリカのモロッコ北部リーフ山脈に位置する人口約4万人の小さな街。

地名はベルベル語で「角(Ichawen)」から由来している。

街にへばりつくように屹立する山の頂上がヤギの2本の角に見えることから、そう名付けられたそうな。

 

f:id:ablx:20150126105858j:plain

イベリア半島を追放されたイスラム教ベルベル人によって、ポルトガル人の侵入を防ぐための要塞として開拓され、その後移住してきたユダヤ教徒と共に発展を遂げた。

ユダヤ教を信奉する彼らは「天空・神・心の平静・海」などを象徴する神聖な色として、家の外壁が青く塗られたのだそう。

f:id:ablx:20150126105900j:plainf:id:ablx:20150126105907j:plain

どこを見渡しても、ブルー、ブルー、ブルー…。

山の上にある街なのに、まるで架空の水中世界のような幻想的な色合い…

ひんやりとしたその空気感に、いつか溶けてみたいと想う。

 

そしてこの街、実は美しい中に秘密が…。

なんと麻薬取引が盛んなことでも(モロッコでも違法みたいですが)知られる場所だそう。

青の街には、果たして麻薬の香りが漂っているのだろうか…。

 

f:id:ablx:20150126105913j:plain