読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gemme du parfum

宝石のようにしづかに輝く、香りのおはなし。

男の人の味がするお酒

 「男の人の味がするお酒はありますか?」

 

そんなドキリとする台詞が出てくる小説に、出会った。

 

10代から小説家として活躍し出し注目され、自分の容姿に過剰に反応してしまい、自分は女性ではなく男の子なのではないか? 自分という存在のカタチって…を考えつつ生きる女性が主人公。

彼女がとある分厚い木の扉のバーに入ったときの台詞。

 

「カクテルは本当においしかった。

冷たいグラスと、縁に付いた塩で、唇がぴりぴりした。

この先はずっと、この唇で生きていくのだ。もう以前の唇ではないのだ。」

 

 

想像するに、この「男の人の味がするお酒」はソルティ・ドッグ

と思いちょっと調べてみたのです。

 

ソルティ・ドッグ」とは「甲板員」を意味するイギリスのスラングで、甲板員が甲板の上で汗だらけになって働く様子から来ている。

材料はウォッカ、グレープフルーツジュース、塩、レモンの輪切り。

 

キリリとした熱いウォッカと爽やかな柑橘、そして唇、舌に触れる塩。

男くさい中にも懸命に働く、明るい海の男のイメージ。

そんな香り、私も味わってみたいなぁと感じました。

 

ソルティ・ドッグの香水というのは未だ聞いた事がないですが、近いイメージを持ったのがペンハリガンの「ジュニパー・スリング」。

1920年代のロンドンのムーディな空気を持つドライ・ジンから着想を得た香水。

ジュニパー以外にもほんのり体温のようなぬくもり感のあるアンジェリカルートや、ピリリとしたブラックペッパーも効いており、まさにバーに似合う香り。

 

f:id:ablx:20150122220301j:plain

 

 

私が今、男の人を感じたいときにつけたい香りはコレ。

 

ちなみにこの台詞が出てくる小説は、山崎ナオコーラの「私の中の男の子」。

ラストが清々しく、気持ちのよい小説で、好きです。

 

f:id:ablx:20150122220254j:plain 

 

あなたが男の人を感じる香りって何ですか?