読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gemme du parfum

宝石のようにしづかに輝く、香りのおはなし。

【香りの読書/その2】赤江瀑「オイディプスの刃」

以前、画家の樋上公実子さんに教えていただいて気になっていた

赤江瀑の「オイディプスの刃」、面白くて一気に読了しました!

 

f:id:ablx:20170208112041j:plain

ものすごい、ただならぬ雰囲気漂うカバーですよね…。昭和49年初版なのですが、装幀は横尾忠則が手がけているそうです。

 

「備中次吉」という刀の魔力が引き起こした白日の惨劇と、亡くなった調香師の母のラベンダーの匂いの記憶が、息子たち3人の運命を狂わす妖美華麗な世界観を描く長編小説。第一回角川小説賞受賞作。

 

調香師が何人も登場する物語なのですが、第三章の始まりがゾクっとします。

 

「調香室には風がない。

言いかえれば、風を持たない空間である。

 

匂いが動いてはならない。

また、香料の微量な一しずくをあらそう、いわば匂いを計る天秤の微妙な動きと対い合わねばならない部屋だ。

フラスコをのせた天秤は、香液のかすかな重み、積みかさなりのひそかな気配、それ以外のどんな動きも伝えてはならなかった」

 

まさに調香室の緊迫感とはこんな感じ。

計りはちょっとした風にも影響されてしまうので、私も基本的には空調もつけずに調香します。

いつ見たの?!というくらいリアルな表現に、あっと思わさせました。

またこのシーンが、3兄弟の緊迫した関係性とすごくマッチしていて、流石の言葉選びだなと感動しました。

 

試香紙に匂いをつけた後の変化を追っていく調香師の姿や、処方の組み方、香料メーカーの調香師と化粧品会社の専属調香師の違いなどについてもリアルで詳細に描かれているのも、香りの仕事に興味のある方にとっても読み応えのある本だと思います。

 

人生を狂わせた「刃」の香りってどんなだろうと、想像しながら読んでいただきたい名作です。

【香りの読書】 「匂いたつ官能の都」

【香りの読書】
「匂いたつ官能の都」ラディカ・ジャ読了。

 

f:id:ablx:20170130212344j:plain

『匂い』という感覚を通して描かれる、現代世界文学の最前線、仏ゲラン賞受賞作。人並みはずれて鋭敏な『匂い』の感覚を持ったインド系の女性リーラが、異国の都パリで体験する、もうひとつの『パリ』とは?
いま、世界で最もエスニックな都会であるパリを異邦人女性の嗅覚を通して描いて、世界十七か国に翻訳された鮮烈なデビュー作。(解説より)

 

玉ねぎが油と熱を含んで「死んだ」ときに発する言葉のようなにおい、養母が教えてくれたインドのスパイスとニンニクをふんだんに使った料理のにおい、幼い頃祖父がくれたザンジバルの古い薔薇と麝香の香水、輪廻転生というテーマを持つオリエンタルなゲランの「サムサラ」、埃っぽい男の頭皮の臭い、名前のない地下鉄のにおい…、

 

様々な記憶に残る「においの描写」が秀逸な小説。
しかも日本とも欧米とも異なる、異国のスパイスが漂う東洋の匂いが、何ともオリエンタル。

 

一番印象的だったシーンは、こちら。

 

「タマネギが匂いを出すのは水を含んでるからなんだ。それで目が痛くなって涙が出るんだよ。だから炒めて水分を飛ばすわけさ。」(中略)
「タマネギは最初、抵抗するんだよ。死ぬまいとして、水分にしがみつくわけだね。歌を歌って、大声で叫んで、こっちに呪いをかけようとする。そのとき、ひどい匂いを出すんだ。
でも結局、火や油の勢いには勝てなくて、あきらめてしまう。死んでいく人が最期の息を吐き出すみたいに、タマネギは匂いを残していく。その匂いがほかの食べものにしみこんでいくわけさ。(中略)タマネギの匂いは死にゆくものの匂いなんだよ。

 

ううん、すごい表現。

明日から料理をするとき、食材のにおいの声をそっと聴いてみよう。

Diptyque 香りのカクテルWSへ

先日、ディプティック青山・旗艦店にて開催された「香りのカクテルWS」へお邪魔しました。

35種類のフレグランスから2種類をカクテルのように重ね、自分だけの香りをつくる特別イベント🍸🍒

f:id:ablx:20170126160741j:plain

色々試させていただきましたが、私は爽やかな蔦のグリーンやアロマティックなゼラニウムの薫る「Eau Plurielle/オープリュリエール」×太平洋横断船の旅で感じたエキゾティックな香辛料やタバコの香り「Volutes/ヴォリュート」の組み合わせが気に入りました。

 

重ねると、「BARの入口を潜り抜けたときに感じるラム酒」のような深い香り。
大人なひと時を香りで味わいたい日におすすめです。

 

また余談ですが、私自身はお酒がかなり弱いのですが、ラムやジンのクリアで独特なお酒の香りが大好き。

飲めないけれど、夜の香りを纏いたい…という方にもぜひ試していただきたい、まさに「香りのカクテル」です♪

2/26(日)魚座の新月・カードリーディング&調香ワークショップ開催!

2/26(日)Πανάκεια〜パナケイア〜癒しの女神たち〜 

f:id:ablx:20170208103515j:plain

その昔、パナケイアという心優しい女神がおりました。

「全てを癒すもの」という名のとおり、ありとあらゆる治療に精通しており、

肉体的な治療だけでなく、精神、感情、霊的な治療など、パナケイアは訪ねる人みな平等に治療を施してあげました。

 

時は2017年2月26日。

12星座の中で一番の浄化力を持つ「魚座」で新月が起こります。

この日は同じく浄化のエネルギーが強い海王星と月が重なると同時に、

金環日食が起こり、一年の中でも最も浄化力が高まる一日。

 

そんな魚座新月の癒しのエネルギーに乗って、

古来癒しの女神だった「パナケイア」が舞い降ります。

 

「あらゆる癒し」を司ったパナケイア。

魚座新月では、音、香り、空間、ワークショップなど様々な角度から、

それぞれの「パナケイア」が全ての人を「最良の癒し」へと導きます。

 

この度、上記の素敵なイベントにお誘いいただきました!

裏原宿の方にある、海外からも注目されている知る人ぞ知るクラブ「bar bonobo」で行われる音楽をメインとした、ヒーリングイベントです。

他にも自己回復力UPのボディのWSや、ローチョコレート、お香のショップ出展などもあるとのこと!

イベント全体の告知に先駆けて、fucco×AblxsのWS情報を解禁です*

 

魚座新月のパワーを貰いに、ぜひ遊びに来てください♩

 

 

2/26(日)魚座新月・カードリーディング&調香ワークショップ

 

あなたが今、「手放したい」と思っていることは何ですか?

来る2月26日は、12星座中一番の浄化力を持つ「魚座新月」。

 

欲しいものがあっても、自分自身の中に手放しきれない執着があったり

余計なものを抱えこんでいると、入ってきてくれる隙間がないのかもしれません。

 

目に見えない香りという本能的な感覚とカードリーディングを通して、

今の自分に必要な要素、もう手放しても良い要素を体感し、

「心の断捨離」をしてみませんか?

 

自分の直感と向き合い、自分らしく生きていくための「浄化の香り」を一緒に創る特別ワークショップです。

 

 内容:

【fucco】

  • 占星術から読み解く「魚座新月」のもつ、エネルギーや意味を知る
  • カードリーディング

(参加者さま全員のエネルギーを封入し、今必要な行動のヒントを紐解く)

  • 個別リーディングはございません

【Ablxs】

・浄化したい時の香りの選び方、纏い方のコツの伝授

・「魚座新月」からイメージした香りの調香体験

(香りのテイスティングからご自身に今必要な香りを導き出し、調香体験後、ボトルに詰めたものをお持ち帰りいただきます!)

 

※ 魚座の方はもちろん、占星術や香りそのものに興味のある他の星座の方も大歓迎です☆

 

日時:

2017年2月26日(日)

15:00〜16:45(予定)

定員10名様 満員御礼となりました!ありがとうございます♩ 

3,500円 

(別途イベント入場料として1,000円かかります)

場所:

神宮前・bar bonobo http://bonobo.jp

渋谷区神宮前2-23-4

f:id:ablx:20170124213508j:plain

 

 

参加ご希望の方は、

件名を『魚座新月・調香WS参加希望」』とし、

①お名前(ふりがな)

②当日連絡のつくTEL No.

③メールアドレス

③参加人数

④あなたが今、手放したいと思っていること(ひとつ)

を、ablx.info@gmail.comまでお知らせください。

追ってお返事させていただきます。

たくさんのご参加お待ちしております…*

 

【カードリーディング】fucco/藤谷  佳名子

f:id:ablx:20170124213239j:plain

アクセサリーブランドfucco(ふっこ)のデザイナー・クラフトマンとしての活動と並行し、メンター・カウンセラーとしての活動も行う。

自分の表現を通して心を癒し、それぞれの輝きが引き出されるように、と活動中。

http://fucco-acc.com

twitter @fuccosmiles

 

【調香】Fragrance Salon Ablxs/千代

f:id:ablx:20170124213328j:plain

“香り”の中にひっそりと佇む物語たちを、色彩豊かに描きだす調香師。

香りの魅力を広く伝えるため、五感を刺激する音楽、ファッション、写真等他ジャンルのアートとのコラボレーション、ワークショップ開催も積極的に行っている。

http://ablx.hatenablog.com

Twitter @Ablxs_fragrance

 

イベント全体の詳細はこちら

2/26(sun) ●魚座新月
@jingumae bonobo
http://bonobo.jp/schedule/2017/02/002337.php
open 15:00 
charge 
15:00~18:00   1,000jpy(1d)
18:00~last train  1,500jpy(1d)
★ご来場の方全員に「パナケイア」特別浄化塩をプレゼント★ 


〇音(DJ)
 ・YA△MA (TUMULUS/PRHYTHM)
 ・pAradice(Life Force)
 ・Nao ( rural / addictedloop / LIVING ROOM )
 ・YUKIHO(カ・ラ・フ・ル/音楽保育園/メスあふたぬ~ん)
 ・REIMEI

〇空間演出
 ・香り[INCENSeffect]:sanga 
 ・草花[マンモス園芸]:アレキサンダー・ジュリアン(Mammoth)
 ・光:カヲリキッド&クリキッド

 

今年の目標

1/22はお誕生日でした。

 

f:id:ablx:20170124205838j:plain

一緒にお祝いしてくださった方々、お祝いメッセージくださった方々、本当にありがとうございます😭💕

2017年、より多くの方に香りの魅力をひろげていけるようフレグランス サロン アブラクサスの活動を益々頑張ります!

 

ちなみケーキは吉祥寺のパティスリー・アテスウィ!

ピスタチオの濃厚クリームに、ダックワーズのようなスポンジ、ラズベリーの甘酸っぱいアクセントが新鮮なマリアージュ!食べるアートのような美味しさで吉祥寺で一番好きなケーキ屋さんです♩

 

そして今日たまたま、「今年の目標は?」と突然聞かれてその時はうまく答えられなかったのですが、

ただ真面目に頑張るだけじゃなく、「自分が自分の一番のファンでいられるくらい“最高に楽しむ”“面白がる”」ことが今年の目標であり、大切にしたいことです!

 

Have fun with me…💕
今後ともどうぞよろしくお願いいたします

2/18(土)水瓶座の香りWS開催!

12か月連続の大好評企画…!

2017年2月は水瓶座をテーマにした調香体験をしていただける、特別WSを開催いたします。

水瓶のテーマは「I  solve.(我、解く)」。

水瓶は「改革・革命」を意味する天王星が支配星。

また、既存の枠を超え俯瞰で物事を見ることができるので、今持っている夢・計画をしっかり現実のものにしてゆきたいという意思を持っている人にもおすすめです。

今年こそは、夢を叶えたい、自分らしい生き方をしたいという方、ぜひ足を運んでみてください*

 

水瓶の香りワークショップ▼

f:id:ablx:20170121160256j:plain

 内容:

・「水瓶座」のもつ性質やキャラクターを知る

(西洋占星術から読み解く星座の物語の意味、長所・短所、対応する色、植物、香りなど)

・「水瓶座」からイメージされる香りの試香

(市販の香水、精油、香料などからご紹介します)

・「水瓶座」らしい香りの纏い方のコツ、自分らしさを演出するコツの伝授

・「水瓶座」をイメージした香りの調香体験

(ご自身で調香していただき、ボトルに詰めたものをお持ち帰りいただきます!)

 

アットホームな雰囲気で、気軽にご参加いただける内容となっております。

※ 水瓶座の方はもちろん、12星座や香りそのものに興味のある他の星座の方も歓迎いたします☆

 

日時:

2017年2月18日(土)

11:00〜(約2時間)

定員6名様 満員御礼!ありがとうございます!

5,000円 

会場:Fragrance Salon Ablxs

吉祥寺駅北口徒歩約8分

 

(プライベートサロンのため、

ご予約いただいた方にメールにて地図をお送りいたします)

 

参加ご希望の方は、

件名を『水瓶の香りWS参加希望」』とし、

①お名前(ふりがな)

②当日連絡のつくTEL No.

③メールアドレス

③参加人数

④あなたが水瓶座からイメージする香り(ひとつ)

 

を、ablx.info@gmail.comまでお知らせください。

追ってお返事させていただきます。

たくさんのご参加お待ちしております…*

 

香りのオーダーメイド/画家・樋上公実子さん

去年夏にひょんなことから再会した、画家の樋上公実子さんよりご依頼いただいていたフレグランスをお渡しに!

f:id:ablx:20170116203424j:plain

「Jour Polare〜白夜〜」

【Type】Lucid Oriental

TOP - Aldehyde,Lavandin
MIDDLE - Orchid,Violet
LAST - Musk,Pachouli,Frankincence
 
ひんやりとした空気の中見上げるオーロラのような、ミステリアスな香り。
樋上さんの「昼に夜を感じたい」というお題から、この香りが生まれました。
 
始まりは静かに冷ややかに、そして薄紫色の花々がじんわり花開き、妖艶なムスクがオーラのように纏わりつく・・・そんなイメージです。
 

f:id:ablx:20170116203609j:plain

そしてこのボトル、上から見ると実はスター型!

白夜の空に輝く、お星さまのカタチをイメージして選びました。

 
 

f:id:ablx:20170116204706j:plain

その後、樋上さんと「フルーツパーラー ゴトー」へ。
とびきり旬な3種類のいちごパフェ!
あまおう、とちおとめ、紅つやかと、フレッシュ感、濃厚な甘み、果実のボリューム感…一気に味わえて幸せ度高すぎです💓
 
ちなみに私あまり生クリームはあまり得意ではないのですが、
ゴトーのパフェの生クリームは、クリーム自体がケーキなのではないか?!というくらい美味しくて毎度びっくりです。
 
ゴトーさんにも、樋上さんのいつもの香水とガラっと変わって、あれ?もう一度嗅いでみたい!と思わせる魅力がある香りだね、と褒めていただきました。
嬉しい!今年ますます頑張れそうです♪